2008年06月26日

ドクターヘリ、全国で導入の動き 「特措法」施行3カ月

MSN産経ニュース(記事リンク)

 医師が同乗するドクターヘリを、全国で導入する動きがあるとか。以前に、千葉だったかで導入されて、活躍しているドクターヘリの番組を見たけど、確かに人命優先の救急医療の現場では、大事な輸送手段になっているのが良く分かったかも。

 でも、一方で気になることも。

 ヘリゆえに、着陸できる場所までは、救急車で搬送しているという話。着陸できるところが少なければ、そのまま搬送した方が早いという自体もありそうだし。となると、ヘリが着陸できる場所を、災害時のこともあるので、行政も絡んで増やしていく必要があるんじゃないだろうか。

 あと、ヘリで救急搬送という話以前に、救急車で搬入で受け入れが出来ない病院が増えていることに対して、予算を入れて対策すべきじゃないのだろうか。ヘリの救急搬送は、救急車での搬送よりもコスト掛かるわけだから。

 ヘリ搬送も救急者搬送も、どちらも人命を預かる重要な乗り物なので、どちらが先とか言い難いのかもしれないけど、地産地消じゃないけど地元の傷病を地元の救急病院が受け入れることが出来る取り組みの方が、今は重要だと思うんだけどなぁ。
posted by 久遠 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 治安/救助/救急
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。