2005年12月06日

ボルネオ島で「新種」の肉食動物発見、ネコより大きい

YOMIURI ONLINE(記事リンク)

 ボルネオ島と聞くとなぜかバリクパパンという地名が浮かぶという変な覚え方しているインドネシアの島で、新たな哺乳類が発見されたようだ。ネコより少し大きな肉食動物とのことで、体調50〜60センチぐらいあるのだろうか?

 哺乳類が今世紀に入ってまだ見つかるというのも、まだまだ人類が知らないことが多く残っているという証拠のようで、他にも見つかってない哺乳類がいるのではないかと想像してしまう。ちなみに、このボルネオ島では、1895年にボルネオイタチアナグマなんていう哺乳類が見つかっているらしく、この島の野生がまだまだ残っていることが分かるような気がする。だから、今回の哺乳類も発見されたのかもしれない。

 でも、インドネシア政府は今年7月に油用ヤシの大規模栽培計画のため、森林の伐採を発表しているらしい。環境保護と文明の発展、難しい問題かも。
posted by 久遠 at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動植物/化石
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。