2006年01月19日

PC連携の新音楽サービス──対応のWIN 7機種も発表

ITmedia(記事リンク)

 auが春商戦向けに新端末7種類を発表したようだ。今回のキーワードは「au LISTEN MOBILE SERVICE」だそうで、携帯電話とPCを連携させて総合音楽サービスを提供するということらしい。

 今回のauの発表で目玉と言えるのは、端末では東芝端末のW41T、ツールではPC側で音楽データを作ったりできるau Music Port、そして音楽販売サイトのDUOMUSIC STOREの3つと言えるかも。

 W41Tは、国内携帯端末初のHDD搭載携帯電話で、なんと東芝が開発した0.85インチHDDが搭載されているそうだ。その容量は4Gあり、約2,000曲の音楽データを保存できるとして発表している。
 さらにこの端末、Bluetoothも搭載されている。と言うことは、Bluetooth対応ヘッドセットを使えば、コードなしで音楽を聞けるプレイヤーとなるってことである。そう言う意味では、iPod対抗と言えるスペックを持った携帯電話と言えると思う。

 au Music Portは、そんなW41TがiPodならiTuneといえるソフトだと思う。PC上で動き、CDから音楽データを作ったり、楽曲リストを作って転送したりできるツールだからだ。
 さらに携帯電話用のツールらしく、アドレス帳、スケジュール、写真、Eメールのバックアップもできるそうだ。そういう点では、iTune以上と言える。

 DUOMUSIC STOREは、iTune Music Storeに相当するサービスになる。ここで楽曲データを買って、携帯電話に転送し、携帯電話で音楽を聞こうということである。

 この3つの関係は、まさにiPod、iTune、iTune Music Storeの関係そのままだ。このあいだSamsungがAppleの市場を奪うなんて言ってたけど、auの今回の発表を見るとAppleの市場を取りにいくかのような展開と思う。

 ただ、auは日本国内のみをターゲットにしている弱さがあると思う。W41Tは携帯電話としては分厚すぎる気がしないでもない。au Music Portにしても、デザインを見るとポップではあるけどチープな感じがぬぐえず、DUOMUSIC STOREは結局は楽曲数次第と言える点はある。

 でも、本気度はかなり高い。DoCoMoやvodafoneを押さえて利用者数を伸ばしてきて、上り調子のauならではの発表だと思う。
posted by 久遠 at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイサービス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/11938623
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。