2009年05月13日

P2P共有ソフト「Perfect Dark」の利用ノードは3万5000件以上

Internet Watch(記事リンク)

 Winnyの登場から続く、P2Pファイル交換ネットワーク上へのファイル流出事件。Winnyの作者の逮捕を切っ掛けに、Shareが登場し、今度はPerfect DarkなんてP2Pファイル交換ツールが登場しているんだねぇ。

 名称からしてアングラ的。

 でもって、利用者が増えているみたい。Shareも解析されて安全ではないから、Perfect Darkへ利用者が移っているということか? 同時に、Perfect DarkのP2Pネットワークへの情報流出が、今度は増えてくるのかもしれないねぇ。そういう意味では、歴史は再び繰り返されるということか。

 著作権意識もセキュリティ意識よりも、そこにあるコンテンツの魅力が、それだけ大きいってことなんだろうねぇ。
posted by 久遠 at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファイル交換
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。