2009年12月30日

ダウンロード違法化で"やめる"意向も - ファイル共有ソフト利用実態調査

マイコミジャーナル(記事リンク)

 さて、ダウンロード違法化となることで、ビジネスシーンにどういう現象が見えてくるかが、かなり興味があるんだけどな。ダウンロード違法化することで、今まで無料で手に入れていたものが手に入らなくなるから、購入者が増えるはずというのが違法化推進派の論理。でも、ホントにそうなるかが、ある意味で実戦されるわけだよね。

 違法化は意味がないとする論理もあるんだよね。なぜなら、ダウンロードして手に入れている連中の殆どが、有料なら手に入れようとまで思わないものを、無料だからダウンロードして手に入れているに過ぎないという話。確かに金払ってまでは欲しくないけど、タダなら貰って思うかなというのは分かるよね。そしてそういう人が多ければ多いほど、ダウンロード違法化となって消費者にならないというわけ。

 また、違法ダウンロード経験者が、実は本物購入者となっているケースも多いという海外の報告もあったり。要するに、違法ダウンロードがPRになって、それを切っ掛けに本物を買いだすケースがあるってこと。

 これはダウンロードしたものが質が悪かったり、質は良いけどサイズが大きくてダウンロード時間が何時間も掛かるとかで、本物を買った方がメリットがあるケースがあるため。特に、ファンになればアーティストに金を払いたいってこともあるんだと思う。

 そんな違法化推進論理と違法化反対論理が、今回のことでどちらが正しいかが見えてくるものがあるはず。ダウンロード違法化でダウンロード数が減っても、CDやDVDの売り上げが上がらず、むしろ落ちたりしたら、やはりって話もなるし、上がればほらという話になるはず。

 まあ、他の要因、例えば経済の上下も大きい今、それが見えるかは別かもしれないけど。

 ただ、そもそもの問題として、アップロード違法があるだけで十分じゃない?というのもあるし、いろんな面で実証実験になって興味深いよなぁ。
posted by 久遠 at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファイル交換
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/136993638
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。