2010年04月01日

京都府警、映画違法配信容疑で逮捕 ファイル共有ソフト使いネットに

京都新聞(記事リンク)

 1月から稼動を開始している警視庁のP2P観測システム。P2Pネットワーク上に著作権違反ファイルが流通しているかを調べ上げるシステムなんだけど、このシステム稼動初の逮捕者が出たみたい。

 逮捕したのは、今では有名な京都府警ハイテク犯罪対策室で、容疑者は静岡県在住の無職佐藤盛二容疑者、62歳。いい歳して何をしているやら。

 今回の逮捕の話で凄いところは、すでにPC上にないファイルさえも、過去の放流調査履歴から違法ファイル共有を把握できるんだとか。なので、今まさにシステムは違法ファイル共有のリストを、ちゃくちゃくと更新保存しているってわけか。

 そう考えると、今やめても手遅れってことか? なんて思うかもしれないけど、やめるなら今かもよ?
posted by 久遠 at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファイル交換
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/145369610
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。