2011年07月10日

ウナギの卵:東大で世界初公開 16日からは一般にも

毎日jp(記事リンク)

 ウナギの卵って美味しいのかなぁ。日本の南約2,200キロのところにある西マリアナ海嶺付近で、世界で始めた採取された天然のニホンウナギの卵147個が、東大で公開されたんだとか。

 日本の領海内でもない西マリアナ海嶺付近で生まれるニホンウナギというのも、何だか変な感じだよね。でも、そんな遠くで生まれていたとは、ちょっとビックリ。ウナギって川にいるから、多くの人は海で生まれていることさえ知らなかったりして。

 個人的には、最初に書いたみたいに、卵も美味しいのかなぁが一番気になるかも。
posted by 久遠 at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動植物/化石
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック