2011年12月20日

「Winny」開発者の無罪確定へ、最高裁が検察側の上告を棄却

INTERNET Watch(記事リンク)

 Winnyの開発者が無罪に。やはり包丁を作った人が、凶器だからと殺人幇助にならないのと同じだね。ただし、殺人のために包丁を作ればNGと同じで、Winnyが著作権違反させるために作ったと見なされていたら、判断は逆になってたみたい。

 それにしても、2003年?2004年?に逮捕された金子氏。2011年12月に無罪ってことは、まるまる8年も判決が出るまで掛かったわけだねぇ。

 技術立国日本となれるか、萎縮して技術が進歩が滞るかなんて話まで出た裁判だっただけあり、いろいろとあったんだろうねぇ。

 とは言っても、違法行為をするための技術は、当然NGなわけだから、そこは踏めて技術革新はしないとだね。
posted by 久遠 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 権利/法律/裁判
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック