2012年04月23日

探し物をするときは、物の名前を口ずさむと早く見つかることが判明!

Gizmodo Japan(記事リンク)

 探し物を声に出した方が、早く見つかるとのこと。

 統計的な実験して、そんな結果が出たみたい。

 声に出してることで、無意識のパターン認識が高まって、雑然とした中から対象物を見出しやすくなったり、置き忘れているところを思い出したりするのだろうか? 他の何か原因が?

 ただ確実なことは、統計的な結果として、声に出すのが有効という結果が出ている以上、探し物では声に出すのが一番ということだね。

 そうそう声に出すとに近いことに、暑いときや寒いときに、暑いや寒いと声に出してしまうけど、声に出すことで体感温度が変わったりするのかな? 脳波を調べたりで、その辺が分かったりしたら、面白そうだよね。
posted by 久遠 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識/統計
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック