2012年07月02日

人が創造しうる最高の温度とは? RHICが世界記録

Gizmodo Japan(記事リンク)

 相対論的重イオン衝突型加速器なるもので、金の原子核を光の速度に近いぐらいまで加速し、それをぶつけて大量の熱を発生させるというもの。で、到達した温度が驚きの摂氏4兆度。

 大量の中心の温度の25万倍。

 もうどれぐらい熱いのか想像もできないよねぇ。

 この温度にもなると、原子さえも分解され、陽子と中性子と電子も分解され、クォークとグルーオンからなるクォーク・グルーオン・プラズマになってしまうんだとか。そういえば、クォーク・グルーオン・プラズマのこと、前にエントリーしてたなぁ。

 原子さえも分解されてしまう温度が、4兆度ってことか。すごい温度だよね。
posted by 久遠 at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/278600751
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。