2012年08月02日

サルたちが「うつ病」になり治療を受ける理由は…愛

らばQ(記事リンク)

 ホエザルが鬱に。原因は、群れのメスザルが亡くなったこと。

 そこで、愛の対象を失ったことで、鬱になったというんだけど、そもそも愛って何だろ?

 そして、ホエザルが愛を感じる動物だとしたら、進化の上で愛を感じなくなる原始的な動物は、どの辺りになるのだろ?

 ちなみに、ホエザルはチンパンジーやオランウータンのような類人猿ではないので、人よりニホンザルに近いサルのはず。となると、ニホンザルも愛を感じるのだろうか? メガネザルのような原始的なサルはどうなのだろ?

 犬や猫は? 犬や猫の共通の祖先はネズミから進化したイタチに似た動物だったみたいだけど、となるとイタチは愛を感じるのだろう? ネズミも愛を感じるのだろうか?

 人の言葉を真似るほど脳が発達してる鳥もいるわけで、となるとオウム、インコ、九官鳥といった頭の良い鳥も愛を感じるのだろうか? それともそうでない鳥も愛を感じるのだろうか?

 さらに進化を巻き戻していくと、爬虫類は? 両生類は? 魚類は?

 愛を感じる意識は、いったいどの辺りで生まれたんだろ?

 謎だ。
posted by 久遠 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理/宗教
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/284477483
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。