2012年08月10日

The Document Foundation、多数の機能が追加された「LibreOffice」v3.6を公開

窓の杜(記事リンク)

 かつてはOpenOffice.orgと称され、MicrosoftのOffice代替アプリケーションとして開発され続けてるLibreOfficeが、アップデートしたみたい。バージョンは3.6に。

 今回のバージョンは、機能が多数追加されてるとのこと。ただし、いろいろ変更もあるので、正式版だけど熟練したユーザー向けってことみたい。変更したことで良く分からないことが出ても、自分で対処できる人が使ってねってことだろうね。

 ところで、LibreOfficeは本当にMicrosoft Officeの代替になるだろうか? PDFで書類をやり取りする人なら、十分に使えそうな気がするよねぇ。OfficeがMicrosoft製から離れることが出来たら、Windowsからも離れやすいって人、かなり多そうだよね。
posted by 久遠 at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック