2012年08月28日

ニホンカワウソ:絶滅…昭和まで生息の哺乳類で初 環境省

毎日jp(記事リンク)

 昨日に絶滅動物についてエントリーした翌日、ニホンカワウソの絶滅の発表。なんとも運命的な。

 昭和に確認されていた動物が絶滅した初のケースとのこと。とは言っても、正式な確認が1979年ということなので、今の今まで絶滅確定を遅らせていただけという気も。

 北海道の50年代の絶滅は分からなくてもないけど、本州以南はは90年代に絶滅と結論付けた理由は何だろうねぇ。最後の個体が老衰したのが90年代としたのかな?

 国鳥トキも日本産はすでに生息しておらず、今いる個体は中国から持ち込んだ同種のトキという話もあるし、日本でも多くの野生生物が人の勢力拡大で絶滅してるってことだよねぇ。
posted by 久遠 at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動植物/化石
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。