2012年09月13日

パリに「出会い系店舗」オープン、ショーウインドーで男性展示

REUTERS(記事リンク)

 出会い系サイトの広告として、話題を作ろうということなんだろうけど、同じことを日本でしたら、人権侵害だとか言い出して、大事になりそうな予感。でも、フランスでは、できちゃうってことかぁ。

 リベラルさの違いってことだろうなぁ。

 でも、今回は展示を男性にしてるけど、これを女性にしたら、フランスでも人権侵害だとか男女差別だとか、そういうことを言い出す人が出てくるのかもしれないね。

 性別が逆になると、一気に過剰反応する人がいるのは、まだまだ男女差別があるってことか。

 にしても、男性の展示、思い切りがいいよなぁ。
posted by 久遠 at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文化/歴史/遺跡
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック