2012年10月03日

ドイツ:ナチス発見の仏像「隕石」だった

毎日jp(記事リンク)

 昔の人は、天から落ちてきた隕石を、神や仏からの贈り物と考えたのかな? 隕石を彫った仏像が発見されたとのこと。

 しかもこの仏像、ナチスドイツが1938年にチベットで発見した仏像という云われ付き。

 こういうのを見ると、やっぱりナチスドイツって、世界中でオカルト関連グッズを集めていたんだなぁって思ってしまうよねぇ。チベットまで行って、仏像を見つけているんだからねぇ。

 しかも隕石を材料にした仏像とは。
posted by 久遠 at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文化/歴史/遺跡
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック