2012年10月26日

“Kindle本”自費出版「Kindleダイレクト・パブリッシング」日本版スタート

ITmedia(記事リンク)

 日本でもKindle販売とKindle Store開始に合わせて、Amazon Kindle Direct Publishingも開始。個人作家が電子書籍の自費出版が出来るようになったとのこと。

 販売価格の35%が利益として貰えるんだとか。利率低いような気がしないでも。

 まあ、低いことを前提に高い値段で売って購入者を減らすか、値段を安くして購入者を多くして低い利率でも利益を上げるか。難しい判断だよね。

 通信コストと表現されているダウンロード回線負担ありで70%にする方法もあるみたい。負担によって、どれぐらい減るかは、予想しにくい気がするけどね。

 でも、多くの利用者がすでにいるAmazonで、電子書籍を簡単に売れるというのは、ちょっとすごいことかも。
posted by 久遠 at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放映/放送/出版
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック