2012年10月31日

ネットバンキング詐欺に新たな手口、正規サイトに偽ポップアップ画面を表示

INTERNET Watch(記事リンク)

 新たな手口? 本来のサイトの上に、Javascriptを使って別の画面を出す手法は、以前から利用されている手法なんだけどなぁ。あるサイトでは、URLを打ち込んで効果を選ぶんでスタートすると、URLのサイトの画面に切り替わって、効果が発生するというのもあったりするし。例えば、画面が炎上するとかね。

 そんな技術を使ってるのが、今回のウィルス。

 手口としては、ブラウザを開くと課金請求ウィンドーが出てくるというのと同じで、今回は銀行サイトをターゲットにしてるからメジャーになっただけというのが現状のような。それを新たな手口と発表する警察、表現は大丈夫?

 本当に新たな手口と思っているとしたら、それって厚顔無恥。
posted by 久遠 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット問題/事件
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。