2012年11月09日

NHK、ロンドン五輪ネット生中継の経費は約3,800万円 20競技/913時間。CDN/P2Pで延べ30万人超が視聴

AV Watch(記事リンク)

 7〜8月にあったロンドンオリンピックで、ネット生中継(ライブストリーミング)に掛かった経費総額は、約3,800万円。これを高いと考えるか、安いと考えるか。

 そもそも見てないんだけど、このネット生中継は、視聴に耐えるほどスムーズだったのだろうか?

 そこがダメダメだったら、当然ながら高いとしか言えないよねぇ。でも、そうでもなくて結構スルスルと動いてた可能性もありそうだし。

 逆の目安で考えるとしたら、接続数は2,613万件で割るタイプ。1人当たり1.5円程度で7〜8月のあの期間を見れるのは、かなり安い話と言えるのかも?

 また、時間を見やすいで見るとしたら、20競技の配信総時間が913時間。となると、1時間当たりの経費は、4万円強。イギリスから日本に映像を運ぶことを考えると、安いのかもしれないけど、値段だけ見たら時給4万円ってありえないよねぇ。

 でもまあ、今回のNHKの実験は、値段も然ることながら、実際に配信してみて分かることもあるわけで、良い勉強になったということもあるんだろうね。そう考えると、1時間4万円の授業の価値があったかは、NHKのみぞ知るってことだね。
posted by 久遠 at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放映/放送/出版
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック