2012年11月16日

日本が外国貨幣製造を戦後初の受注、バングラデシュタカ5億枚

REUTERS(記事リンク)

 発展著しいバングラデシュ。そんなバングラデシュ中央銀行から、日本の財務省が貨幣製造を受注したみたい。要するに、お金を作るってこと。

 他国のお金を作るのは、戦後の日本は初の試みなんだとか。しかも製造する貨幣は、日本では作ったことがないステンレススチール製。日本の製造技術は、世界的にも高いという話を聞いたこともあるし、面白い取り組みだよねぇ。

 これを切っ掛けに、日本の技術で他国のお金を作ることが、どんどん増えていったりするのかなぁ。
posted by 久遠 at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治/外交
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。