2012年12月03日

男性「裸でジョギングをしたい」最高裁「許可する」市民「うそでしょ!?」

らばQ(記事リンク)

 神様を引っ張り出してきたら、猥褻物も猥褻でないと判決が覆るとは、ニュージーランドの最高裁判所は、政教分離ではないけど、司教分離が出来てないよねぇ。

 どんな事件かと言うと、20年ほども自然主義者を貫いてる男が、素っ裸で早朝ランニングをしてて、それを見てしまった女性が通報し、はじめは有罪になったという話。しかし、男が「無礼ということであれば、神は生殖器を作らなかったであろう」と主張したら、最高裁で無罪に。

 裸族万歳な国だね。

 まあ、そもそもこの男も裸を見せて不快に思わせたいわけじゃなく、一応は日頃からひと気のない時間帯を選んで目立たない草やぶを走っていたそうなので、配慮はしてたみたい。でも、裸は裸だよねぇ。

 にしても、ニュージーランドは宗教国家?
posted by 久遠 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 権利/法律/裁判
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック