2012年12月06日

海を渡る捨て犬、韓国ではもらい手なし

朝鮮日報(記事リンク)

 日本も捨て犬や捨て猫の問題はあるんだけど、お隣の韓国でも同様にあるという話。しかも食用犬がいるということで、海外の愛護者も活動していて、海外への貰い手探しまであるという話。

 という内容だからエントリーしたのではないんだよね。なぜエントリーしたかというと、一番下にある一文が気になったから。

 「孤児輸出国トップの国が捨て犬輸出でもトップになった格好だ」とあるんだけど、孤児輸出国トップって、韓国って孤児がそんなに多いの? しかも海外へ貰われてるケースが、そんなに多いの? 内戦や貧困の国であれば、孤児が多いことも、海外から里親が声を上げて貰われていくのも想像できるけど、韓国が?

 孤児輸出で検索してみると、韓国の多さがいろいろ話題にされてることが分かるんだけど、こういう問題も抱えた国だったんだねぇ。お隣だけど、知らないことがまだまだあるなぁ。

 
posted by 久遠 at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。