2012年12月22日

「米国の全学校に武装警察官を」 全米ライフル協会主張

MSN産経ニュース(記事リンク)

 ライフル協会は、やっぱりこういう発想だよねぇ。何も分かってないし。

 武装警察官をどう確保するつもりだろう。さらに、1校当たり何人を常駐させる気だろ? 1人居れば大丈夫なのか? 警戒している門扉以外から入られた場合、どうする気だろう? そもそも父兄が行事や用事で来校し、揉めた結果に事件を起こした場合、間に合うのだろうか?

 そして何よりも、この武装警察官が事件を起こさないと、保証できるのだろうか?

 ライフル協会は、そもそもの問題を理解してないよねぇ。
posted by 久遠 at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 治安/救助/救急
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/309352477
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。