2012年12月22日

米「尖閣安保適用」成立へ、上下院が法案可決

YOMIURI ONLINE(記事リンク)

 アメリカの一言が、どこまで効果を及ぼすか。いいタイミングだよね。

 日本の政権が変わり、アメリカとしても貸しを作るには良いはず。いや、そもそも民主党が売国党と揶揄されるような離米親中政策をしていたので、親米政策の自民党が勝ったことに対するお土産という可能性も。

 次は竹島に対して、アメリカはコメントを出すかが気になるところだよねぇ。

 アメリカが竹島は日本の固有の領土だとコメントを出せば、韓国の反発は確実だろうけど、それでもコメントを出したということだもんねぇ。中国の東アジア戦略の牽制とは、ぜんぜん意味合いが違うからね。

 いろんな意味で、今後の展開が注目かも。
posted by 久遠 at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治/外交
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。