2013年01月08日

シュワルツェネッガー「映画での暴力と乱射事件は無関係」

REUTERS(記事リンク)

 このあいだの銃乱射事件を切っ掛けに、アメリカでは銃問題の機運が高まってるみたいだけど、中にはゲームが悪いだの、暴力映画が悪いだの、言い出す人がやっぱりいるみたい。そういう短絡思考の人に向けて、シュワルツェネッガーがコメントを出したみたい。

 まあ、こういう人がきちんと発言しないと、声の大きい短絡思考の人の声ばかり広まって、さらに思考能力の低い人は何も考えずに安易に賛同しちゃったりするので、危険だよねぇ。

 きちんと複数の可能性をピックアップして、それぞれがどれぐらい影響を及ぼす可能性があるのか、組み合わせによる変化があるのか、そういうのを分析してきちんと発言して欲しいものだよね。
posted by 久遠 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件/事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。