2013年02月01日

眼球など体の一部切除する連続殺人、2週間で18人犠牲 カメルーン

CNN.co.jp(記事リンク)

 カメルーンで連続殺人。しかも眼球などの体の一部を持ち去るという猟奇殺人で、すでに18人も犠牲者が出てるんだとか。

 このニュース記事自体が1月24日と少し古いので、さらに犠牲者が増えてる可能性もありそうだ。

 で、どうやら呪術的な道具になると信じられて、殺人や臓器の持ち去りが起こってるみたい。アフリカって、この手の事件、実は多いのかも?

 ここでエントリーしたのをさかのぼって調べてみると、以下のようなのを発見。

ベナンで100カ所以上の墓荒らし、遺体から臓器持ち去る
http://selfcontrol.seesaa.net/article/305083635.html

「精子ハンター」、男性ヒッチハイカーを狙う女性たち ジンバブエ
http://selfcontrol.seesaa.net/article/259921669.html

 どれも呪術的儀式なんかが背景にあるという話。しかもどちらも2012年中のエントリー。

 こう多いと、アフリカって怖いってなるよねぇ。
posted by 久遠 at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理/宗教
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。