2013年02月14日

2012年の風力発電設備容量、世界全体で前年比19%増

AFPBB News(記事リンク)

 福島の原発事故を切っ掛けに、世界はエネルギー問題に注目し、クリーンエネルギー政策が進んだってことかぁ。風力発電の設備容量は前年比19%増だとか。

 19%増は頑張ってるよねぇ。累積設備容量は、2億8,250万キロワットに達してるみたい。

 ただ、気になることも。設備容量という言い方なんだけど、実発電量ではないってことだろうか?

 風力発電は風が吹いて始めて発電できるわけなので、風が吹かなければ発電量は0だよね。累積設備容量が2億8,250万キロワットあっても、実際の発電量はもっと小さい? 下手すると発電量は半分とかの可能性も?

 この辺のこと、詳しい人がいないかなぁ。
posted by 久遠 at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境/災害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/323722420
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。