2013年02月25日

加工自在な紙の太陽電池、阪大が世界で初めて開発に成功

Gizmodo Japan(記事リンク)

 太陽電池が一気に広まる可能性が出てきたということ?

 加工しやすい紙の太陽電池とは。

 特にびっくりなのは、世界最高の変換効率という記述。よくあるシリコン系の太陽電池で世界最高ではなく、有機太陽電池素子でとは。さらに紙ということなので、シリコン形より軽いし、折りたためるという加工のしやすさは、すごいよなぁ。見た感じ、製造もしやすそう。

 3年以内に実用化かぁ。
posted by 久遠 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック