2013年03月15日

「中国軍ハッカーのブログ」発見=給料安く愚痴−米紙

時事ドットコム(記事リンク)

 アメリカのインフラまでサイバー攻撃してることが判明し、攻撃ルートをさかのぼられて攻撃者がいる建物までバレた一件もあったけど、そことはどうも別の中国軍のハッカーのブログが発見されたという話。

 で、そこには薄給を嘆く内容がツラツラ書いてあったみたい。

 最先端のクールな職場ではないってことだよねぇ。主な仕事は、コンピューター・システムを乗っ取るウイルスの開発なんだとか。やっぱり中国は、そういうのを作ってるってことだよね。

 当然、作られたばかりのウィルスは、普通のウィルス対策ソフトでは検出できないわけで。そういうことって、日本の政治家って分かってるのかなぁ。
 

posted by 久遠 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。