2013年03月30日

「史上最大規模のサイバー攻撃でネットが遅くなった」なんてガセ。ネットはビクともしてない

Gizmodo Japan(記事リンク)

 先日のインターネット崩壊の危機は、やはりガセだったみたい。とは言っても、攻撃がなかったわけではないんだけど。

 確かに発表通りの攻撃があったのは事実らしいけど、インターネット崩壊の危機というほどのことではなかったみたい。攻撃されたサーバは、確かに大事だったみたいだけどね。

 要するに、今回の攻撃を煽ることで、セキュリティー会社が自社の宣伝に役立て、さらに攻撃を裁いたサーバ会社が自社の宣伝に役立てって感じで、大事に発表してたのが真相だとか。なるほどねぇ。

 崩壊の危機に瀕してた割りに、誰も気づかなかったってこと自体、胡散臭かったわけだね。
posted by 久遠 at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/353453652
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。