2013年04月16日

剛力彩芽『ビブリア』最終回8.1%の衝撃……視聴率垂直落下で月9史上最低を記録

サイゾー(記事リンク)

 ビブリア古書堂の事件手帖のヒロインというか主人公に剛力彩芽と発表されたとき、原作ファンからブーイングを受けた作品が、月9史上最低視聴率を叩き出していたみたい。踏んだり蹴ったりな話だよねぇ。

 ちなみに数字は8.1%。

 数字だけ見ると取れてる気がするけど、月9ドラマとしてはダメ数字ってことだろうね。

 それにしても、最終回で大きく数字が落ち込んでるというのは、一体なぜ? 面白くないのなら、もっと早めに視聴率が落ちてても不思議じゃないのに。

 なぜ?
posted by 久遠 at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画/アニメ/ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。