2013年05月11日

3Dプリント銃のブループリントの削除を国務省が要請

TechCrunch(記事リンク)

 3Dプリンターでプラスティック製ではあるけど銃が成型できるということが判明し、しかもそのデータがインターネットに公開されたのが、1週間前。そして昨日の10日、アメリカの国務省が、データを削除を要請したとのこと。

 でも、手遅れだったみたい。

 この1週間のあいだに、多くの人にデータはダウンロードされて、多くの場所で共有されている状態だとか。こうなってしまうと、データは回収不能だよね。

 銃の3Dプリントが広がってしまった今、その対策として世界はどうすると良いのだろ。
posted by 久遠 at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事/戦争/テロ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック