2013年05月14日

核攻撃に備え抗放射線薬、米FDAが認可を初検討

Gizmodo Japan(記事リンク)

 抗放射線薬かぁ。この表現が正しいのか、ちょっと微妙だけど、効果としてはあるみたい。

 効果は、放射線を浴びたことで、白血球が現象してしまうのを、薬で生産量を増やすというもの。それによってガンが発生しても、白血球で押さえ込むことが出来るということみたい。

 これって正確には、白血球増強薬だよね。

 
posted by 久遠 at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療/生命
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。