2013年05月28日

携帯電話を30秒で充電装置、米高校生が開発

CNN.co.jp(記事リンク)

 携帯ガジェットの問題は、バッテリーのもち。同時にバッテリーを使い切ったときの充電時間の長さ。これが30秒で充電できるとなれば、バッテリーのもちは関係なくなってきそうな。

 でも、どうやって急速充電を。今のバッテリーは化学反応式だから、化学反応の速度を上げないと物理的に無理なはず。

 読んでみると、スーパーコンデンサー。なんだって感じだなぁ。スーパーコンデンサーの充電器は、以前から候補に挙がってて、新発明でも何でもないような。実際に携帯電話用として、小型のスーパーコンデンサーを作ろうとしたことが評価されたんだろうけど。

 ただ、スーパーコンデンサーは、急速充電も出来る代わりに、放電速度も速かったような?
 
posted by 久遠 at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/366039463
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。