2013年06月02日

古代マヤ文明の謎の顔料「マヤブルー」、スペインの研究チームが製法の解読に成功

Technobahn(記事リンク)

 マヤブルーの存在は知ってたけど、製法は今まで謎だったみたい。それが今回、その製法についての仮説が発表されたみたい。

 実際に作れたということかな?

 今までは、成分は分かっていたんだとか。なので、材料の組み合わせ方がキーだったみたい。

 経年劣化が小さい鮮やかな青の染料の作り方が分かれば、今の工業製品にも影響があるのかな? 少なくとも本物のマヤブルーの青を使った現地お土産物は作られそうな気が。
posted by 久遠 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文化/歴史/遺跡
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック