2013年06月07日

米国家安全保障局:IT9社から情報収集 サーバーに入り込み、通信大手の通話記録も

毎日jp(記事リンク)

 テック系のニュースサイトだけでなく、一般紙にも載るぐらい、このニュース記事はインパクトがあったということか。アメリカの国家安全保障局が、大手ITサービス企業のサーバに入り込んで、通信情報を記録してたという、いわゆる組織的情報漏えい事件。

 その情報収集プログラムは、PRISMと呼ばれるものみたい。

 国家安全保障局と組んで情報提供してたとされる大手ITサービス企業は、Apple、AOL、Facebook、Google、Microsoft、PalTalk、Skype、Yahoo!、YouTubeの9社。

 このことはGoogleのGmailなんかは筒抜け。アメリカのYahoo!メールも筒抜け。MicrosoftのHotmailも筒抜け。Skypeも筒抜け。Facebookのメッセージも筒抜け。

 まあ予想してたことだけど。

 アメリカの国益を損なうと判断されたりしたら、通信の秘密なんて関係なしに、こっそりメールが見られてるってこと。こんなプロジェクトに、アメリカの大手ITサービス企業が加担してたということで、大騒ぎ。

 個人的には、やっぱりなぁって感じだけどね。
posted by 久遠 at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット問題/事件
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/367429533
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。