2013年06月12日

PRISMの極秘スライドがまだ1枚あった! 関与否定したIT企業の噓が明るみに。ツイッターひとり勝ち

Gizmodo Japan(記事リンク)

 PRISMの続報。アメリカの大手ITサービス企業、AOL、Apple、Facebook、Google、Microsoft、PalTalk、Skype、Yahoo、YouTubeが、アメリカ国家安全保障局に個人情報を引き渡しているというリークで大騒ぎになったけど、どの企業も否定。そらそうだよね。でも、否定できない資料が更に出てきたという話。

 要するに、サービスに直接アクセスさせてないのは事実だけど、受け渡し用のサーバに要望データが置かれて、そこにアクセスしてたという落ちみたい。

 オーダーがあったら皿に盛って提供してたってこと?

 ちなみに今回の個人情報引き渡し圧力に対して、Twitterが拒否して成功してるというオマケ情報まで登場。Twitterの株を上げる結果にもなってるみたい。

 さすがTwitterってことだね。
posted by 久遠 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット問題/事件
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。