2013年06月24日

ワシントン大学、脳内に埋め込まれた電極を使った新しいコンピューターインターフェースを開発

Technobahn(記事リンク)

 これはまさに攻殻機動隊方式。脳に電極を分布させて、そこから電気信号を検出しようという方式。

 まあ、こうなるよねぇって話でしかないのかもだけど、実現し出してるのを見ると、20年ほど前の作品が未来を予知してるかのようで、すごいとしか思えないよね。もうすぐ医療としても活用される時代が来るということだろうし。

 同時にサイボーグ化も現実的になりそうだよね。
posted by 久遠 at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療/生命
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。