2013年07月02日

冥王星の月「ケルベロス」「ステュクス」に

日本経済新聞(記事リンク)

 冥王星の2つの衛星の名前が決定。「ケルベロス」「ステュクス」だとのこと。

 バルカンを推してる人たちもいたけど、残念ながら落選。理由は、ローマ神話の神様の名前であることと、日の神様であることだとか。冥府の神の眷属ではないから落選ということだね。

 まあ、多くの人がその辺の理由で落選だろうなとは、うすうす気づいてただろうねぇ。

 「ケルベロス」「ステュクス」というのは妥当なところで決定だね。

 
posted by 久遠 at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙/地球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。