2013年07月19日

青と緑を区別しない言語:色にまつわる雑学

WIRED.jp(記事リンク)

 色って不思議だよね。人によっては別の色でも同じ名称でしか表現が出来ないことがあるって。

 男女によっても、色の区別って違うものなんだね。

 以前に聞いた話では、イヌイットは白が大量にあるんだとか。真っ白な流氷の上で、獲物がどこに潜んでいるかを仲間へ伝えるため、微妙な白の違いを表現する必要があって、大量に白の表現が生まれたんだとか。

 納得の理由だよね。

 あと日本の場合、緑を青と言うのがあるとのこと。今回のタイトルの内容だよね。

 緑なのに青信号というのがそれ。ベトナムでも青と緑は同じ表現されるんだとか。

 地域、人種、性別、そんなアレコレで、色の表現が変わるって不思議だよね。

 
posted by 久遠 at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/374599565
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。