2013年07月29日

63光年先の惑星は「青色」 太陽系外で初の色判別

CNN.co.jp(記事リンク)

 太陽系の外の惑星で、青い惑星を発見したんだとか。太陽系外の惑星で初の判別とのこと。

 その青い惑星までの距離は63光年。光の速度ではあるけど、63光年というのは、かなり近いような気が。ただ、この青い惑星、地球のような水のある惑星ではないみたい。

 予想されてるのは、ガス状の巨大惑星。木星とか土星の類ってこと。なんでも表面の温度は、セ氏1,000度以上にもなっていて、時速7,000キロの風が吹き荒れて、液体のガラスの雨が降っている可能性があるんだとか。青という色から、ここまで予想できちゃう今の天文学もすごいけど、ガラスの雨が降る惑星が存在する宇宙もすごいよねぇ。

 この観測技術があれば、水の惑星を見つける日も、そう遠くないのかも?
posted by 久遠 at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙/地球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/375685237
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。