2007年06月13日

警視庁情報1万件流出、巡査長の私物PCがウィニー感染

YOMIURI ONLINE(記事リンク)

 警視庁北沢署地域化の男性巡査長の私物PCに、捜査資料など約1万件があり、そこでWinnyを使っていてウィルス感染して漏洩。しかもこの巡査長は、Winnyの有無を確認する調査に対して「ない」と虚偽の申請までしてたとか。

 こういうのを聞いていると、Winnyが問題ではなく、まさに個人の問題だよねぇ。私物PCになぜ捜査資料を入れているんだ? 入れ物が私物なんだから、捜査資料の私物化になると思うんだけど。さらに、使ってはダメだと言われて調査受けていながら、使ってないという嘘で応えているんだから、さらに性質の悪い話だよね。

 26歳なんだし身内贔屓せず、実名で出せば良いのに。情報漏洩が犯罪じゃないから、実名を出せないんだろうねぇ。漏洩で被害受けた人がいないと、実名出せないのかなぁ。

 警視庁にしては、厳粛に対処したいと言ってはいても、私物PCまでチェックする権利はないわけだし、なかなか難しい対処を強いられそうだ。でも、国民の総意として、警官の私物PCなんて認めないぐらいでも良い気がしないでも。

 乱暴すぎる意見かなぁ。でも、それぐらいしないと公官庁系の職員からの漏洩って、止められないような気がするんだよねぇ。
posted by 久遠 at 19:54 | Comment(0) | TrackBack(1) | 情報漏洩
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

警視庁の捜査情報1万件が流出
Excerpt: 北沢署巡査長PCがウィニーに感染 少年事件の被疑者名も 警視庁は13日、同庁北沢署地域課の男性巡査長(26)の私物パソコンから、捜査資料など約1万件の文書類や画像がインターネット上に流出したと発表..
Weblog: DANGER
Tracked: 2007-06-14 00:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。