2007年11月19日

オーバーチュアの顧客情報がWinny流出、「二次被害防止のため詳細非公表」

INTERNET Watch(記事リンク)

 最近の広告代理店は、プライバシーマークの導入などで情報漏洩管理にすごく厳しくなり出しているそうだけど、そんな広告代理店大手のオーバーチュアが、顧客情報漏洩。しかもWinnyネットワーク上へ。

 まだ続くんだねぇと思うと同時に、オーバーチュアのようなIT系広告代理店でさえもウィルス感染からWinnyネットワーク上への漏洩とは、お前もかと言う状態だし。

 ただ、今回は今までと違って、IPAが公表している情報漏洩対策の対応ポイント集なるものに従って、被害の拡散を防ぐために方策を採っているそうだ。IPAの発表資料を利用しているところらへんは、IT系って言う感じ。

 まあ、漏洩した後なんだけどね。

 それにしても、いつの間に、IPAは情報漏洩対策の対応ポイント集なるものを出したのやら。ぜんぜん知らなかったなぁ。関連記事を見ると、8月30日にニュース記事が出ているようだ。

 チェックしとこっと。
posted by 久遠 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(1) | 情報漏洩
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

オーバーチュアの顧客情報流出事件について
Excerpt: 今回、2万件以上の顧客情報流出があったにもかかわらず、詳細を公開しようとしないオーバーチュア。私も被害者の一人ですが、オーバーチュアから連絡があったのは今日で…実は1ヵ月以上も前から、この事実はわかっ..
Weblog: 0円でできるマーケティング
Tracked: 2007-11-21 10:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。