2013年07月18日

日本の「田んぼアート」がスゴいことになってる!

roomie(記事リンク)

 本当にスゴイことになってるし。

 田んぼアートがあるって聞いてはいたけど、ここまでスゴイのが多々あるとはびっくり。

 古代米の紫、黄、緑、赤などの色とりどりの葉や穂を使って絵や字を描いてるそうで、着色は一切なし。ということは、植える時点で色を配置してるってことなわけで、やっぱり手作業で植えてるってこと?

 観光客まで来るようになってるそうだし、ちょっとしたアイデアで村興しって感じだね。

 でも、アイデアはすごいけど、労力は大変そうだ。
posted by 久遠 at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育/芸術

2013年05月21日

偉大な画家たちの「最初の作品」はこうだった…代表作との比較いろいろ

らばQ(記事リンク)

 著名な画家が、有名になる前の絵が紹介されていたので、エントリー。

 人によっては、画風が大きく変わってる人もいるけど、著名な画家は初期の作品でも、画風や好みの対象は似てることが分かって面白いかも。

 ただ、絵を見ていつも思うのは、上手いと下手は分かっても、価値は共同幻想だよなぁってこと。上手くても価値がないとされる絵もあれば、下手でも価値があると言われる絵があるよね。

 初期の作品でも高いんだろうなぁって思うと、ますます共同幻想だなぁって思ってしまった。
posted by 久遠 at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育/芸術

2013年02月25日

「25年かけてここまで描けるようになった」2歳から25歳までの絵の進歩がネットで人気に

らばQ(記事リンク)

 絵が下手だからと言う人はいるよね。でも、誰もが始めから絵が上手だったわけではなく、上手になっていった過程があるはず。なんと、2歳から25歳までの変遷が分かる写真が、公開されているみたい。

 こう変われるのかぁ。

 でも同時に思うよなぁ。23年も掛かるのかぁ、と。

 とは言っても、大人の多くは9歳と紹介されている絵ぐらいは掛けるような? ただ、こういう絵を描いても人に見せれないと思ってるだけの気が。

 となると、16年掛ければ、一流になれるのかもしれないね。
posted by 久遠 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育/芸術

2013年02月20日

慶応SFCの入試でまさかの「数独」が出題され受験生困惑

ITmedia(記事リンク)

 入試問題に、数独ですか。

 困惑して当然だよなぁ。前代未聞だよねぇ。

 しかもこれって、全部正しく埋めきらないと0点配点? それとも正解のマス目分だけでも、配点があるのだろうか?

 前者だとボロボロの人が続出しそうだよねぇ。
posted by 久遠 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育/芸術

2013年01月14日

「教室の設計が成績に影響」を実証

WIRED.jp(記事リンク)

 教育と建築とどちらのカテゴリーにしようかと考えたけど、成績に影響するという話なので教育に。なんと、教室の設計が、成績を良くもしたり悪くもしたりすることが、イギリスのサルフォード大学の建築環境学部と建築事務所の研究で分かったとのこと。

 どうもイギリス政府が財政緊縮のために、学校建設で画一的な低コスト建築を進めようとすることに対して、問題提起のために研究してたみたい。で、研究結果が、思ったより大きく影響することが分かったみたい。

 教室の要素を、自然光の差す方向、教室の形状、配色、温度、音響など、10項目の環境因子として数値化して、7つの小学校の、34の教室を使用した、生徒751名を対象に分析したんだとか。うーん、34の教室も、751名も、母数としてはかなり小さい気がするなぁ。この10倍ぐらいあっても、教室数としては足りないような気がしないでも。

 誤差は結構あると考えた方が良いのかもだけど、1年間で成績が25%も違う可能性を生むんだとか。60点と75点って感じかな。結構あるよねぇ。でも、40点だと50点になるので、どっちもどっちという気がしないでも。

 でも、成績が良くなるような、勉強しやすい教室を用意すべきというのは、賛成かも。
posted by 久遠 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育/芸術

2012年12月05日

もはや芸術の域…バランスに情熱をかける人々の写真17枚

らばQ(記事リンク)

 確かに芸術の域と言っても過言ではないバランスのものがいくつか。

 あとは、才能の無駄遣いとしか言いようがないものがいくつか。

 何が一番無駄遣いと思うかは、やはり11番の写真かなぁ。

 寝返り打たれたら、とか思わないんだろうか。でも、だからこそ一番すごいのかも?
posted by 久遠 at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育/芸術

2012年11月17日

就職有利・不安…ほぼ全講義を英語化する国立大

YOMIURI ONLINE(記事リンク)

 楽天が社内の公用語を英語にすると発表したときもびっくりだったけど、今回は国立大が全講義の英語化を発表。山梨県の甲府市にある山梨大学が、試みるみたい。

 ただし来年からとかじゃなくて、2016年度までにという4年掛けての変更。まあ、今年入った学生が卒業する頃には、全講義ってことだね。

 なので、来年からの新入生からは、講義は英語になるってことみたい。これは賭けだよねぇ。下手をすると、入学生が減る可能性もあるわけだし。逆に英語が得意になれば、外資系への就職に有利と考えて増えるのかなぁ?

 これが上手くいけば、山梨大学に追従する大学も出てくるはず。
posted by 久遠 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育/芸術

2012年10月07日

今年のノーベル文学賞、村上春樹氏が有力候補に

REUTERS(記事リンク)

 誰が村上春樹をノーベル文学賞に推したんだろ?

 ノーベル賞は、商業的に書いてるような文学作品は合ってないと思うんだけど。

 まあ、有力候補だとしても、選ばれることはないと思うんだけどなぁ。

 ノーベル文学賞の選考基準って、どういう風になってるんだろ?
posted by 久遠 at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育/芸術

2012年09月21日

「まったり」「がっつり」多用=20〜30代の半数超−「にやける」正解は1割台

時事ドットコム(記事リンク)

 日本語が乱れてると嘆く人も多そうだよねぇ。

 でも、結局はニュース記事の最後の方にある「言葉は変わっていくので、全て誤用と言い切れない」というのもあるので、難しいよね。

 どこまでが言葉の変化で、どこからが誤用か。
posted by 久遠 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育/芸術

2012年08月03日

これすごいかも…ABC順に並べたアルファベットを全て「線対象」にしたアート

らばQ(記事リンク)

 これは上手く描いてるよなぁ。

 A〜Zのアルファベット26文字を、左右対称になるようにデザインしてる画像があったので、エントリー。

 個人的に好みなのは、XYZのところ。天秤にも見えるところがいいなぁ。

 文字の認識は、線を脳がどう理解してるかにも関わる結構難しい話みたい。でも、こうやってアートにすると、楽しいものになるね。
posted by 久遠 at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育/芸術

2012年06月28日

「頭がいい人ほど盲点がある」最新の調査で明らかに

Gizmodo Japan(記事リンク)

 この記事に書かれていた問題、頭が良いハーバード大学、プリンストン大学、マサチューセッツ工科大学の学生でも、半数が間違えてるという問題なんだって。

 賢い人ほど、はまってしまう論理的な思考ってあるってことだね。

 ちなみに正解しました。賢くない可能性が大。
posted by 久遠 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育/芸術

2012年06月01日

「えええ?」570万円を投じたロンドン芸術大学の新しいロゴが話題に

らばQ(記事リンク)

 デザインに金銭的な価値なんて決まりはないだろうけど、誰が見ても高いって思ったから、こういうタイトルの反応が出ちゃってるんだろうね。

 まあ、実際そう思うし。

 大学の看板になるロゴっていうこともあるから、それなりの金額を出したという事実も欲しいから、こういう値段になったのかなぁ。でも、300万円も掛けていれば、十分すぎという気も。

 個人的に値段付けるとしたら、50万円ぐらいじゃないの?
posted by 久遠 at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育/芸術

2012年05月16日

ドミノ倒しは1.5倍の大きさを倒せる……続けていくと30枚目はどれくらいになる?

らばQ(記事リンク)

 30枚目のサイズは、1.5の30乗を関数電卓で叩けば良いわけで。むしろドミノが1.5倍サイズまでなら倒せるというルールというか、事実を知れてよかったかも。

 重力だけで、こうやってどんどん大きくなるってことだよねぇ。

 ちなみに2の場合、16乗で65,536。32乗で4,294,967,296。この数字は、65万色を表示とか、42億色を表示とか、コンピューターの表示色数で見た数字のはず。この数字を記憶していれば2の30乗が10億ぐらいって推測できるので、1.5の30乗もイメージしやすいはず。

 かなりの速度で大きな数にはなるってことがね。

 で、どれぐらいの大きさになるかは、リンク先を見てね。
posted by 久遠 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育/芸術

2012年05月03日

ムンクの「叫び」、史上最高の96億円で落札 ニューヨーク

CNN.co.jp(記事リンク)

 今回のニュース記事で、驚いたことが1つ。

 あの有名なムンクの叫び、1枚じゃないという事実。4点もあるみたい。

 だから今回のオークションに出てきたわけかぁ。

 ムンクの生まれたノルウェーに、国立美術館とムンク美術館があって、そこに残りの3枚は収蔵されているという話。なので今回の1枚だけが、私蔵されていた1枚ということみたい。

 叫び4枚並んだら、精神的に不安定になる人いるだろうなぁ。
posted by 久遠 at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育/芸術

2012年04月24日

「おいおいアメリカ人!」外国からアメリカにやってきた人々が聞かれる珍質問いろいろ

らばQ(記事リンク)

 これを読んでると、アメリカは教育レベルの低い人が多いのかと思っちゃうよねぇ。でも実際は、一部の特に教育レベルの低い人の事例を上げているだけだよね?

 日本にも常識なしのおバカタレントがいるみたいに、あの手のレベルの人が、アメリカにもやっぱりいるってだけだよね?

 もし違って、想像以上におバカが多いということもありえるのだろうか? その辺が知りたいところ。

 ただ、こういうやり取りを知ることで、反面教師として自分がそうならないようにしないとだよね。海外の国々の常識は、できるだけ持ちたいよね。
posted by 久遠 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育/芸術

2012年04月16日

「原子力」入学者16%減 大学・大学院、原発事故影響

47NEWS(記事リンク)

 原子力関連学科への入学者が16%減ねぇ。減るような学生は、本質を理解してないと思うし、減って良かったんじゃないかなぁ。原子力分野は、原子力発電のためだけの学科じゃないし。

 原子力とは、基礎物性科学だからねぇ。

 万物の根源である原子を科学する分野であって、その1つの利用方法が核分裂を使う今の原子力発電であり、未来の発電方法として期待されているのが、核融合を使う未来の原子力発電だったりするわけだし。

 さらにニュース記事にもあるように、除洗の効率化なんかも大事な研究分野だし、さらには核廃棄物処理方法を見つけ出すのも、原子力分野の大事な研究だし。

 核分裂炉のお先は真っ暗というのも、また変なイメージだとも思うんだけどなぁ。今回の事故で、世界で類をみないほど経験を得た国でもあるわけだから、さらに安全性の高い核分裂炉の開発もあるはず。だって、核融合炉の完成はまだまだ先なのに、世界のエネルギー事情は限界に近いからね。

 核分裂の原子炉は使わずにすむなら使わないに超したことはないけど、そうは言ってられない人口になった人類が、今の文明を維持発展させるには、安全な原子炉は必要だと思うんだよね。

 まあ、どこに安全の線を引くかも議論すべきだろうけど。
posted by 久遠 at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育/芸術

2012年04月11日

ね、猫名画・・・w

IDEA*IDEA(記事リンク)

 名画の構成に似た猫写真です。それだけです。それ以上はありません。

 でも、猫がいるだけで癒されるねぇ。

 インターネットは、50%が猫で出来ていて、25%がアダルトで出来ていて、12.5%が有益な情報で出来ていて、残りの12.5%がSPAMで出来てるよねぇ。

 いや、嘘だけど。
posted by 久遠 at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育/芸術

2012年04月04日

バイリンガルの子供はマルチタスクが得意、カナダ研究

AFPBB News(記事リンク)

 マルチタスクが得意ってことは、やはり複数の言語を操れる人は、脳内では複数の言語処理が行われているってこと? それがマルチタスクだから、全体的にもマルチタスクが得意になるってこと?

 今回の実験結果を見ると、マルチタスクが得意であることが、まるで脳が優秀みたいに書かれているよね。日本人は日本語だけって人が多いから、脳は優秀ではないのかもしれないね。

 なんて考える人も、いそうかも。

 ただ、去年の秋ぐらいに見た別の発表では、マルチタスク脳は仕事効率が悪いみたいな内容だった覚えが。となると、各タスクの処理能力は低いってことに?

 マルチタスク脳にもメリットデメリットがあるってことかもしれないね。
posted by 久遠 at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育/芸術

2012年02月24日

獨協医大・永井伸一名誉教授「子供をダメにする」親の研究 3000人の親子を聞き取り調査して分かったこと

現代ビジネス(記事リンク)

 調査の母数は3,000人。統計としては、まずまずの人数だよね。子供をダメにする親は、やはり傾向があるみたい。

 あくまでも傾向なので、両親ともに学校の先生だと必ずNGというわけじゃないだろうけど、傾向が分かれば、危ないところは注意することもできそうだよね。まあ、そういう神経質さも、もしかしたらNGだったりして?

 子供は親のマインドコントロールを受けて育つわけだから、当然ながら親に問題があれば子供に影響が出るよねぇ。こういう研究、興味深いなぁ。
posted by 久遠 at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育/芸術

2012年01月21日

東大、秋入学案を正式発表 11大学や経済界と協議へ

asahi.com(記事リンク)

 東京大学が、秋入学を正式に発表。グローバルスタンダードに合わせた入学も実施するとのこと。

 高校は春卒業だから、秋入学までの期間、いろいろ出来るよね。この間の時間で何をするかで、東大の秋入学の意味が出てくるのかもしれないね。

 東大の秋入学によって、他の大学にも広がって、日本の大学の存在意味も、変わってくるのかなぁ。
posted by 久遠 at 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育/芸術

2012年01月15日

「平等」→「へいとう」 小5の16.9%読み間違え 都学力テスト

TOKYO Web(記事リンク)

 バカが増えてきてるのかも?

 日本は資源のない国だから、国内で作り出せるのは人ぐらいしないのに、出生率も低下して、さらにバカが増えているとなると、日本終わってるよなぁ。

 ゆとり教育はやめたみたいだけど、スパルタ教育でも良いぐらいな気がするんだけど、体罰だ何だと言ってきっとスパルタ教育はありえないよねぇ。

 50年後の日本は、どうなってるのやら。

 政治家に50年後、100年後のビジョンない時点で、終わってるのは当然か。
posted by 久遠 at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育/芸術

2012年01月10日

ピカソの絵画など3点盗難 ギリシャ国立美術ギャラリー

CNN.co.jp(記事リンク)

 ギリシアの国立美術ギャラリーで盗まれるって、すごい適当な警備だよね。何度も防犯装置を鳴らされて、スイッチを切ったすきに盗まれてしまったんだとか。

 盗まれたのは、ピカソの絵画など3点。ピカソ作の女性の頭部、ピエト・モンドリアン作の風車、リエルモ・カッチア作のスケッチ画とのこと。後者2つは聞いたこともないなぁ。

 ついこのあいだのニュース記事で、盗難絵画が売り手が見つからずに戻ってきたという話があったけど、もしかしするとそれを見ての返却料目当ての盗難だったりして?

 
posted by 久遠 at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育/芸術

2012年01月07日

盗品の名画、犯人側から戻される 闇市場で売れず諦め?

asahi.com(記事リンク)

 2009年にブリュッセルのルネ・マグリット美術館から盗まれたマグリット作の裸婦画オリンピアが、犯人から返却されたとのこと。理由は、有名すぎて闇市場でも売れないため。

 50年も昔であれば、美術館から名作が盗まれて、そんなニュースを知らない人が多いから、善意の第三者として買う人もいたのかもしれないね。でも、今のご時世、ニュースがすぐに世界中に行き渡るから、有名なものほど知らずに買ったと言えなくなるので、買い手がつかないのかも。

 あと、やはり市場の冷え込みも影響してるのかも。盗品でも有名絵画を買おうという金持ちが、それだけ減ってきてるのかもしれないね。
posted by 久遠 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育/芸術

2011年10月01日

国家の基本、意識希薄 北方領土「ロシア領」と表記

MSN産経ニュース(記事リンク)

 国際地理オリンピックの募集ポスターで、北方領土をロシア領と誤記されていたんだって。しかも大会実行委というのは、中学や高校の地理教員、大学教授、文科省教育政策研究所の調査官ら68人で構成されておて、うち10人以上がポスターの製作に携わってたんだとか。

 言ってしまえば地理の専門家が集まっているのに、誰も気付かないって、肩書きばかりで責任感のない面子ばかりが集まっていたってことでは。どうせ誰かがチェックしてるはず、ぐらいにしか思ってなかったんじゃないかなぁ。

 国土意識以前の社会人としてどうだろうという範疇の話な気がするんだけど。
posted by 久遠 at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育/芸術

2011年08月22日

「リツイート」も新語に収録、英辞典コンサイス 時代を反映

CNN.co.jp(記事リンク)

 イギリスの名門オックスフォード大学が出版する、コンサイス・オックスフォード英語辞典に、Retweet等の新語が収録されたとのこと。すごいよね、新語が収録されるって、文化として認められたようなものだし。

 確かGoogleも、Googleで検索するという意味で、動詞として収録されていたような。日本なら、ググるって動詞が収録されるようなことだよね。

 来年はどんな単語が増えるんだろ。
posted by 久遠 at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育/芸術
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。