2013年07月22日

1万円しないPC。ARMベースのUbuntuボックスが来月出るよ

Gizmodo Japan(
記事リンク)


 イスラエルのCompulab社から1万円しないPCが登場するんだとか。

 スペックを見ると以下の通り。

 CPUはフリースケールi.MX6シリーズのCortex-A9 MPコアプロセッサ内蔵。シングルコアかデュアルコアかクアッドコアで動くんだとか。ここで価格バリエーション?

 RAMは最大4GB。ということは最安値の場合は1GB?

 ストレージはmSATA SSD(最大512GB)。最安値は128GBぐらい?

 あと無線LANにWiFi b/g/n、無線式の入出力としてBluetooth 3.0。

 映像出力は、HDMI、DVI-D出力端子。

 その他のI/Oとして、USB 2.0ポート4基、micro-USBコネクタ、オーディオジャック、micro-SD XD専用スロットと結構いろいろ。

 さらに何これというGbEが2ポート。使う人がいるのかと思っちゃう超ちっこいRS232のシリアルポートも2個あるみたい。

 1万円以下はいろいろと最小構成のモデルになりそうだけど、使い勝手は良いのだろうか? 結局は最大構成の何万円かするモデルしか使い物にならないなんてことはないのだろうか?

 ちなみにOSはUbuntuとのこと。
posted by 久遠 at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連

2013年07月18日

OLPCから150ドルのAndroidタブレット

WIRED.jp

 100ドルPCは、いつの間にか100ドルタブレットに?

 OLPCから今度は150ドルのAndroidタブレットが登場するみたい。スペックは、CPUが1.4GHz、保存容量は4GB、フロントと背面にカメラも付いていて、Android 4.2が動いてるんだとか。メモリが掲載されてないのが、ちょっと気になるところだけど、150ドルだとこれぐらい?

 ただ思ったんだけど、100ドルPCはインパクトがあったけど、Androidで150ドルってインパクトがないような。100ドルにはならなかったのだろうか? 検索すると、普通に1万円台のタブレットがあるんだけど。

 
posted by 久遠 at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連

2013年07月04日

コンピューターマウスの発明者、D・エンゲルバート氏が死去

REUTERS(記事リンク)(

 スマホの登場でタッチ操作が激増してるだろうけど、マウスはまだまだ現役。でも、その発明者って今まで意識してなかったよね。

 なんでも1968年に、サンフランシスコでコンピューター技師ら約1,000人を前にして、ダグラス・エンゲルバート氏によって初めてマウスが披露されたんだとか。マウスって、そんな以前からあったなんてびっくり。

 しかもマウスの特許は、Appleに売却されてるというのもびっくり。もしかして今もAppleが持っていて、マウスの特許で1台1セントとか利益得てるのだろうか?

 ちなみに、ダグラス・エンゲルバート氏は、テキストリンクというWEBの基本となるアイデアも発表してる人なんだって。そんな人が、3日に亡くなってたんだねぇ。

 合唱。

 
posted by 久遠 at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連

2013年07月01日

D-Wave社の量子コンピュータは「本物」〜米研究者グループが「量子効果を確認」とネイチャーに発表

INTERNET Watch(記事リンク)

 もしかすると、世界初の商品化された量子コンピューターってこと?

 開発販売したのは、カナダのD-Wave社。なんでも、2011年にD-Wave社初の量子コンピュータD-Wave Oneを発表して、アメリカの防衛産業企業ロッキードマーチン社と契約に成功してたんだとか。さらに2013年5月には、アメリカのNASAとGoogleなどが購入契約してたみたい。

 で、このD-Wave Oneだけど、物理学者のあいだでは本当に量子コンピューターなのか意見が一致してなかったんだって。でも、高速に問題を解けてるという現実もあって、喧々諤々だったみたい。でも、今回の発表で世界初の商用量子コンピューターとして認められたのかも?

 あとは、このカテゴリーのコンピューターが、どれだけ一般化するかだね。そういえば、いくらなんだろ?
posted by 久遠 at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連

2013年06月21日

DVDの容量4.7ギガバイトを1000テラバイトに増やす技術が登場、その仕組みとは?

GIGAZINE(記事リンク)

 DVDの容量は4.7GB。それでは足りないと開発されたのがBlu-ray Discで25GB。1,000TBともなると、多すぎな気がしないでも。

 DVDで20万枚分、Blu-ray Discだと4万枚分。

 地デジ化で映像サイズが大きくなって、Blu-rayが記録メディアになったのはあるけど、次の2Kや4Kになっても、この1,000テラディスクだと、ぜんぜん余裕だよねぇ。余裕どころか、これ1枚で全録画が記録できたりして。

 そうなるとディスク売れなくなっちゃうよね。
posted by 久遠 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連

2013年06月10日

近未来のSF的な雰囲気で仕事や勉強ができるPCチェア&デスク「Emperor 1510 LX」

GIGAZINE(記事リンク)

 これは欲しい。どこに置くのか別にして、これは欲しい。

 こんなのが並んでる会社があったら、入社希望者が倍増すること間違いなし。

 価格は約210万円。このあいだ100万円のPCをエントリーしたけど、その倍以上もするとは。

 どんなPCチェア&デスクかは、リンク先の写真を見てね。
posted by 久遠 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連

ASUSから4K IGZO液晶採用の31.5インチPCモニタ PQ321、フルHD 4枚分の3840x2160ピクセル

engadget日本版(記事リンク)

 ASUSから、こんなサイズのディスプレイが発表されていたとは。その解像度は、3840×2160。

 いわゆる4Kディスプレイ?

 使ってる液晶は、日本の技術を結晶であるIGZOを採用。かなりの高スペックな仕上げになってるみたい。詳しくはリンク先で。

 で、大事なお値段は、まだ未定。ただ、シャープが販売しようとしてる32型の4Kモニターが40万円ぐらいだとか。ということも、これも同等価格の可能性が? ASUSなので少し安くなっても、35万円ぐらい?
posted by 久遠 at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連

2013年06月09日

東芝から2560x1600液晶にTegra 4 搭載などタブレット 3機種。スタイラス対応モデルも

engadget日本版(記事リンク)

 2560×1600ディスプレーの機種がスタンダードになりだした? 東芝が発表されたタブレット3機種も、2560×1600モデルとのこと。

 ASUSが発表したばかりの Transformer Pad Infinityと同じだよねぇ。タブレットがこのサイズになってくると、PC用ディスプレーも、これぐらいの解像度は欲しくなってくるよなぁ。

 でも、ディスプレイだけだと、なぜ高くなるのやら。ぼったくり?
posted by 久遠 at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連

2013年06月07日

フェイス、100万円の“超性能”ゲーミングPCなど

PC Watch(記事リンク)

 ゲーム用のPCなんだって。その価格は100万円。

 10万円も出せば、かなり良いPCが買えちゃうご時勢に、何に注ぎ込んで100万円にもなってるのやら。

 スペックを見るとこんな感じ。

CPU:Core i7-3970X(3.5GHz)
メモリ:64GB
マザーボード:Intel X79 Expressチップセット
グラフィックカード:GeForce GTX TITAN×4(4-way SLI)
ストレージ:480GB SSD×2(Intel SSD 520シリーズ)
ストレージ:2TB HDD
ドライブ:BDドライブ
冷却:Corsair H100i水冷キット
OS:Windows 7 Professional(64bit)

 グラフィックカードが4枚も刺さっていて、シリコンストレージのSSDが2枚というのがコストアップ? メモリもいっぱいいっぱいの64GBというのもあるか。

 うーん、ここまで高スペックのPCで、どんなゲームをするのだろ?
posted by 久遠 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連

2013年06月04日

ASUS Transformer Pad Infinity発表。10型2560x1600画面でTegra4搭載、4K対応

engadget日本版(記事リンク)

 PCのディスプレイよりも、タブレット系のディスプレイの方が、どんどん解像度が上がってるような。今回発表されたASUSのTransformer Pad Infinityなんて、10型という小型なのに2560x1600。

 このサイズで作れるなら、20型ぐらいの大きなので、2560×1600を出して欲しいなぁ。大きい分、作りやすいので、安く作れるだろうし。

 4Kのテレビが出て増えて、そういう液晶パネルの製造量が増えてくるまで、お預けなのかなぁ。
posted by 久遠 at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連

2013年06月02日

コクヨ、黒曜石をモチーフにした指輪型プレゼンター

PC Watch(記事リンク)

 何に使うって訳ではなけど、この指輪型の操作ガジェット、ちょっと欲しいなぁ。USB式のパワーポイント操作装置ってことだよね。

 これがあれば、手元でスライドをシャカシャカと切り替えられるわけで、何だかカッコ良いよね。まあ、問題はそんな使い方をする時があるのかってことだけど。

 ただ思うんだけど、もう少し小さくならなかったのかな?
posted by 久遠 at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連

2013年04月22日

ASUS TransAiO 発表、18インチAndroidタブレットになるWindows 8デスクトップ

engadget日本版(記事リンク)

 面白ガジェットを発見。Androidタブレットであり、Windows 8のディスクトップという合体ガジェット。

 すでに国内で発売されているらしくて、その予想実売価格は15万9,800円。うーん、微妙な値段。

 詳しく見ると、ディスプレイ部分がAndroidタブレットで、台座の部分にWindows 8が入っていて、リモートディスクトップでタブレットにWindows 8を表示させるという、トンデモ仕様。まさに、AndroidとデスクトップPCを同時購入してると言っても良い状態。

 これなら15万9,800円は納得かも。

 ちなみにそれぞれのスペックは以下の通り。

Androidタブレット部分
・プロセッサはTegra 3
・ストレージは32GB
・通信は802.11b/g/nの無線LAN、Bluetooth 3.0 + EDR
・インターフェースは、ミニUSB 2.0×1、microSDスロット (microSDXC対応)、ドッキングポート×1
・カメラは1MPウェブカメラ
・バッテリーは5時間駆動
・ディスプレイサイズは18.4型フルHD
・重量は約2.4キロ
・OSはAndroid 4.1

 あれ、メモリサイズの情報がない? 古い情報を見ると、追加情報として以下のものが。

・メモリは2GBのRAM
・ディスプレイはIPS液晶ディスプレイで視野角178度
・解像度は1920×1080
・タッチは10点マルチタッチ
・外部音響はヘッドホンとマイクコンボ端子
・内臓音響は1.5Wのステレオスピーカー

PC部分
・プロセッサはCore i7-3770
・メモリは8GBのRAM
・ストレージは2TBのHDD
・グラフィックはGeForce GT730M
・ドライブはDVDスーパーマルチドライブ
・通信は802.11b/g/nの無線LAN、Bluetooth 4.0 + EDR
・インターフェースはHDMI×1、USB 3.0×4、USB 2.0×1、 SDスロット(SDHC、MMC対応)
・OSはWindows 8

 こちらも古い情報で追加は以下の通り。

メモリカードスロットは3in1タイプ
外部音響はヘッドホン端子とマイク端子
内部音響は3Wのステレオスピーカー
ネットワークはギガビットLAN
その他にオプションのTVチューナー用のTV端子

 重量2.4キロは持ったまま使うには適してないよね。これはリビングに置いてごろ寝しながら、ちょっと弄るみたいな使い方が適してるのかも。

 2台分と考えると、妥当な値段という気もするし、外部ディスプレーもつなげることが出来ること考えると、意外といけてるのかも?

 ただ、気になるのはリモートディスクトップで、Windows 8の画面をタッチできるのかな? 専用のリモートディスクトップアプリが入ってるのかな?
posted by 久遠 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連

2013年04月16日

ちぎって使う紙製USBメモリー

Gizmodo Japan(記事リンク)

 以前にもこの手のガジェットを紹介したような? その時はコンセプトモデル? 今回は商品になったみたい。

 とりあえず持っておいて、必要になった時にもいで使えという商品。個人的には欲しいんだけど、容量に対する値段はどれぐらいの代物なんだろ?

 日本でも売ってるのかな?

 あともっとフラットでスクエアな作りだと、表面を印刷することも出来ないだろうか? CDラベル印刷みたいな感じで。そうすれば、見た目の良いのも作れそうだよね。
posted by 久遠 at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連

2013年04月11日

好みの形にアレンジできるPC用パズルキーボード

Gizmodo Japan(記事リンク)

 コンセプトモデルかぁ。まだ商品化されてないのかぁ。ブロックのように組み合わせてキー配列を作れるキーボードが本当に出たら、かなり欲しいかも。

 ただ気になる点は、PCとはどう接続するのかという点。

 USB? Bluetooth? そもそも分離しているキー群もあるし、どうPCとつなぐのだろ? その辺がまだ考えられてないからこその、アイデア主体のコンセプトモデルってことでもあるんだろうけど。

 その辺の処理方法がはっきりしたら、商品化されたりするのかなぁ。
posted by 久遠 at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連

2013年04月10日

壁紙は州首相の顔、削除すると故障するPC配布

YOMIURI ONLINE(記事リンク)

 壁紙を削除すると不具合が起こるって、どんな仕組みだろ? そもそもWindows OSのPCを、無料配布したのだろうか?

 そもそも話の大元は、インドのウッタルプラデシュ州の首相を選ぶ選挙のとき、アキレシュ・ヤダブ氏が公約で若者へのノートパソコン無償配布を歌っていたみたい。で、当選したので公約を守るためにPC配布を始めたんだけど、そのPCは自分の顔写真壁紙にしたという話。

 しかも削除したら不具合が起こるような。

 配布したのはノートPCということだけど、価格的なことを考えるとWindwos OSじゃない可能性もありそうだよね。特にWindows PCではなくてLinux PCであれば、壁紙削除で不具合が起こるようなOSレベルでの仕込みもしやすそうだし。

 実際はどうなんだろね?
posted by 久遠 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連

2013年03月24日

インテル Pentium プロセッサ 20周年 (コマーシャル動画集)

engadget日本版(記事リンク)

 Pentiumって響き自体が懐かしいのも当然かぁ、もう20年も経ってるんだねぇ。

 Pentiumプロセッサが登場したのは、1993年3月22日だったんだって。しかもPentiumってブランド名、まだ使われていたとは。最近のIntelは、coreブランド、celeronブランド、あとはATOMブランドぐらいしか目にしてなかったかも。

 そしてびっくりするのが当時のスペック。製造プロセスは800nm、クロックは60MHzと66MHz、トランジスタ数は約310万だとか。

 今のIvy Bridge Core i7 プロセッサのスペックは、製造プロセスは22nm、クロックは3.5GHz〜3.9GHz、トランジスタ数は14億超。

 この比較だけで、20年の進化が分かるよねぇ。
posted by 久遠 at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連

2013年03月11日

農業用フィルムを使った透過スクリーンが開発される

Gizmodo Japan(記事リンク)

 農業用フィルムって、なかなかすごいところに目をつけたよねぇ。プロジェクターのスクリーンにすることで、簡単に大型スクリーンが作れるみたい。

 しかも透過型の。

 透過型ってことで、そこにプロジェクターを投影すれば初音ミクを降臨可能ということで、いろいろと実験が繰り広げられているみたい。中には公民館の舞台を借りて、自費で初音ミク・オン・ステージを再現した猛者もいるとか。

 確かにこの手法なら、個人でも可能だよねぇ。
posted by 久遠 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連

2013年03月03日

指紋認証と音声コントロール搭載のID・パスワード管理USBドライブ「myIDkey」

GIGAZINE(記事リンク)

 これ、ちょっと欲しいかも。指紋認証ロック機能付きのIDとパスワードの管理USBメモリを。

 指紋認証でロックを解除してから、音声入力でサービス名を言うことで、その登録しておいたIDとパスワードが液晶画面に表示されるんだとか。しかも、USBメモリとして挿しておけば、ログインフォームに自動入力されてログインも可能みたい。

 さらには、スマホに対してはBluetooth経由でログインフォームへIDとパスワードを自動入力も出来るとのこと。これ1つあれば、銀行ATMのパスワードから、SNSのIDとパスワードまで、すべてのIDとパスワードを一元管理できるはず。

 しかもデータ暗号は、アメリカ軍が採用したAES256。そしてロック解除に何度か失敗すると、自動的にデータが消去されるという安心機能付き。

 ただ、値段は5,000円ぐらいすることになるみたい。高いか安いか、微妙だなぁ。

 よくよく考えると、スマホで似たような機能をアプリで再現できそうな気が。
posted by 久遠 at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連

2013年02月27日

空間的に操作できる革新的ディスプレイ

WIRED.jp(記事リンク)

 これは面白いなぁ。メガネを使わずに、奥行きを表現してる感じ?

 使ってみたいなぁ。

 でも、想像すると脳が疲れそうな気が。

 まず問題はディスプレーの距離。手をディスプレーの裏に入れて操作するということは、ノートPCのディスプレーより近くなるような。そうなると目が疲れて、肩が凝って、脳も疲れると予想。

 次に奥行きの表現。視差による3Dではないので、3Dゲームのような擬似3Dのはず。なので、実際の手の位置とディスプレー上の手の位置って、微妙にズレて感じられるのでは。そうなると、その補正を脳が無意識にしてるだろうから、やっぱり脳が疲れると予想。

 なんて予想はしたけど、現実は大したことがないかもだし、使ってみたいなぁ。
posted by 久遠 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連

2013年02月13日

Vuzix Wrap 1200AR発売、メガネ型3Dディスプレイ+3DカメラのAR対応モデル

engadget日本版(記事リンク)

 カメラとモニターの両方が搭載されたヘッド・マウント・ディスプレイ。見た目はまさにサイバーパンク。

 カメラとモニターのあいだにPCを挟むことも出来るとのことなので、まさに演算処理を加えてARに使うことも可能とのこと。ただし、解像度は852×480。これって視野的には十分なのかなぁ。気になるなぁ。

 値段は19万8,000円。ちょっと試しに買ってみようという値段ではないよねぇ。
posted by 久遠 at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連

2013年01月12日

ギガバイト版の手のひらPCは Core i7 対応、USB 3.0 とデュアルHDMIも

engadget日本版(記事リンク)

 気になるなぁ。値段いくらなんだろ。まだ未定みたいなんだよねぇ。手のひらサイズのPCかぁ。

 ただ、載せることが出来るパーツは、一般的なPCのパーツだから、結局は数万円という値段になりそうだよなぁ。

 個人的にスペックは低くて10,000円ぐらいで稼動する超小型PCが欲しいんだよねぇ。NASの代わりになるような。

 そういうのが出れば、NASの代わりにして使うんだけどなぁ。
posted by 久遠 at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連

2013年01月09日

Kingstonから最大容量1TBのUSB3.0メモリDT HyperX Predator、リード240MB/秒

engadget日本版(記事リンク)

 1TBのUSBメモリーかぁ。

 何を保存すれば? HDDではなくUSBメモリーを選ぶ理由がいるよねぇ。

 稼動部分がないので壊れにくいなんて理由なら、SSDがあるわけで。

 やっぱり持ち歩くサイズが1TBになるような人だよねぇ。

 映像系? あとはCAD系?

 利用シーンが想像しにくいなぁ。ちなみに値段は1,337ドルってことなので、10万円ぐらいか。

 ますます利用シーンが想像しにくいよね。
posted by 久遠 at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連

2013年01月07日

ご存知でした? ネットブック、2013年に入って静かに製造中止の時を迎える

Gizmodo Japan(記事リンク)

 Netbookがどんどん消えてるみたい。まあ当然と言えば当然だよねぇ。当時は安いというアドバンテージはあったんだろうけど、もう1つの購入同期は小さいだったからねぇ。それが今ではタブレット端末が置き換わってきてるわけだし。

 そもそもデスクトップPCの市場も縮小気味と聞くし、さらにはノートPC市場もタブレット端末の登場で食われだしたと聞くからねぇ。実際問題、今必要とする機能ってタブレット端末で十分代用できたりする人が多いだろうからねぇ。新しいノートPCを買う動機が希薄なはず。

 そこにノートPCが安くなり、タブレット端末の小ささがあると、Netbookの市場って縮小して当然だよねぇ。むしろ今までお疲れ様でしたって感じかも。
posted by 久遠 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連

2012年11月24日

光学ディスクがついに容量「1TB」、2015年には実現可能?

Gizmodo Japan(記事リンク)

 光学ディスクが、2015年には1TBに達成するかもしれないみたい。

 1TBかぁ。HDDが3TBとかなりつつ今、光学ディスクの1TBってどうなんだろね。

 例えば、3年後の2015年の3TBのHDDの価格が、9,000円ぐらいになっていて、1TBの光学ディスクが3,000円ぐらいだったとしたら、アクセス速度的にはHDDを買うと思うんだよねぇ。まあ、光学ディスクの薄さは、収納性に優位ではあるけど。

 更に言うと、2015年ぐらいになると、手元にデータってあまりないような気がしないでも。今でもどんどんインターネット上にデータがあり、そこで再生するだけでコンテンツを楽しめるようになってきてるわけで、そんな状況がどんどん進んだとき、手元に1TBもデータを置くような状況も、なくなってそうな気が。

 となると、映像編集みたいな趣味があるとか、片っ端からインターネット上のコンテンツをダウンロードして、消費もしないで溜め込むだけ溜め込むみたいな趣味がないと、1TBの光学ディスクって活用できないような気がするんだよね。

 個人的には、3TBのHDDに対して3TBのHDDでバックアップがあれば、もう十分すぎるほど十分って思うんだけど、そうでもないのかな?
posted by 久遠 at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連

2012年11月15日

アイ・オー、業界最小クラスの無線ポケットルーター

PC Watch(記事リンク)

 これすごいなぁ。こんなサイズで無線ルーターが出ちゃうとは。

 今月頭に見た無線ルーターも小さかったけど、こちらはさらに小さいし。ただし、値段も高いけど。

 このあいだ見たのは、サイズは一昔前のケータイ充電器のコンセント部分ぐらいのサイズ。今回のは、USBメモリぐらいか。体積的には半分ぐらい?

 前の値段は1,980円と安くて、今回は3,570円と1.5倍以上にはなってるけど、小さい方が良い人はこっちだよねぇ。

 ただ気になるのは、推奨同時接続台数。4台みたい。チャンネル的には16台ぐらいあるけど、速度的なことで4台としてるだけだろうか? それとも4台しかつながらないということだろうか。

 知り合いに無線LANを貸すときを考えると、もう少し同時接続できないと不便になることありそうな予感。
posted by 久遠 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。